神奈川県横浜市のプロパンガスなら<株式会社コバプロ>

株式会社コバプロ
  • Home
  • お問合せ
  • ガスご利用のお申込み
  • マイページログイン

横浜のプロパン【ポイントとFAQ】

私たちは横浜でプロパンガスや給湯機器を提供している企業です。私たちは長年ガスに関するサービスを提供してきた実績があります。単にプロパンガスの提供をするだけではなく、ガス漏れがあったときにはすぐに対応するなど、契約者のことを考えたサービスを提供しているのが特徴です。個人だけではなく法人との契約も行っています。

プロパン 横浜

たとえば、飲食店や医療施設、工場、福祉施設などに対してプロパンガスを提供した実績もあります。ガス給湯器期の取扱のほうにも力を入れています。プロパンガスを使っていて、さまざまなトラブルが起きることがあります。そのときには、すぐに対応して、問題を解決することが可能です。トラブルの原因を見つけて、素早く対処することができます。自社工事によって設置することができるため、技術面での心配はなく、アフターサービスもしっかりと行っています。事前の見積りについては無料で行っているため、費用が気になる人は気軽にご相談ください。さまざまなタイプの給湯機器を揃えています。長年の実績と信頼があり、横浜に密着したサービスを展開してきました。プロパンガスやガス給湯機器という生活に根ざしたものを責任を持って取り扱っているのが株式会社コバプロです。

01プロパンガスとは

プロパンガスといのは液化石油ガスのことで、プロパン・ブタンなどの天然ガスを圧縮したものを、常温で液化できる状態にしたガス燃料です。LPガスやLPGと呼ばれることもありますが、すべて同じ種類のガスです。
一般家庭で使用されている給湯器やコンロに主に使用されていますが、業務用のガス機器としての燃料の他にも、火力発電やタクシーの燃料などにもプロパンガスが使用されています。
よく比較される都市ガスとの大きな違いは、都市ガスがガス管を通して届けられるのに対して、プロパンガスはガスボンベで配送されます。都市ガスはその名の通りに東京などの都市部で普及率が高いのに対して、プロパンガスは青森や沖縄などの地方での普及率が高いのが特徴です。
プロパンガスはわざわざ配管を通す必要がないため、ガスを支給する事業所の配送エリア内なら、どこでも対応できる大きなメリットをもちます。
プロパンガスはガスボンベに収納されたガスを直接家庭の中に引き込みしていることから、自然災害が起きたときでもダメージを受けにくく、もし何かあってもすぐ供給を受けることができます。
一般的には50sのガスボンベが2本設置されているため、1本目に燃料がなくなっても引き続きガスの使用を継続することができます。

02初めてプロパンガスを使用される方へ供給方法を紹介

プロパンガスが消費者に届けられる流れは都市ガスとは異なります。
一般家庭で使用されるイメージが強いプロパンガスは、鉄鋼業などの製造業者、自動車、電力用など他にもいろいろな場所で使われており、工場をはじめとした多くの場所へ運ばれています。
プロパンガスの原料は、都市ガスと同じくほとんどが輸入に頼られています。都市ガスの場合は輸入された後で液化天然ガスタンクに貯蔵され、そこから高圧導管、中圧導管、低圧導管と各変圧器を経てから消費者の元へ供給されます。
プロパンガスはそれとは異なり、一旦LPガスタンクに移され、その後にタンクローリーによって充填所に運ばれ、LPガス容器へと小分け充填してから消費者へと届けられる流れとなっています。
プロパンガスが一般家庭へ供給されるときには、LPガス容器に詰め替えられたLPガスをガス会社などのトラックで各家庭へ配送されます。
プロパンガスの製造から消費者へ供給される間には、元売業者と卸売業者と小売業者の3つが入っていて、元売業者がプロパンガスの輸入を行っていますが、石油会社や商社がそれに当たります。
各家庭にプロパンガスを届けているのが小売業者で、2021年現在でその数は全国に約2万社となっています。

初めてプロパンガスを使用される方へ供給方法を紹介

03都市ガスからプロパンガスに変更するときの3つのお悩み

1.プロパンガスは危険じゃないの?
引越しなどでどうしてもプロパンガスを利用しなければいけない方もたくさんいて、都市ガスと比較したときの危険性を心配する方も少なくないようです。
ガスを使用するので都市ガスも含めて危険が全くないわけではありませんが、都市ガスと比較してガス事故の軒数が多いわけではなく、正しい使用していれば問題はありません。

2.プロパンガスに関する事故の種類は
プロパンガスに関わる事故は、都市ガス同様に毎年いくつか確認されていますが、その原因のほとんどは、室内で使用するガスコンロやガスファンヒーターなどに由来しています。
家の外に設置されているガスボンベからガスが漏れたという事例はほとんどなく、ガス屋さんから使用しないように注意されていたガス器具を用いて事故になるケースが多いようです。

3.ガスを使用するうえでの注意点
プロパンガスを使用するときには、換気が重要です。
換気をしっかり行わないと一酸化中毒になる可能性もあるため、料理をするときには必ず換気扇を使用して、ガス器具を使用する場合は不完全燃焼を避けるために定期的に窓を開けるなどして換気を行ってください。

04都市ガスとプロパンガスの種類について

プロパン 横浜

ガスにもいろいろな種類がありますが、一般家庭で使用されているガスと言えば都市ガスとプロパンガスです。
どちらのガスを使用するかによって対応するガス器具も異なるため、ガスの種類を変える場合は、新しいガス器具に交換しなくてはいけません。都市ガスは、製造所などで作られたガスを、導管により各家庭へ届けていますが、製造方法や原料の違いによって7つのガスグループに分類されています。ほとんどの家庭では、主成分がメタンの天然ガスか液化天然ガスを原料として製造される13A、12A と呼ばれる種類のガスを使用しています。
どのようなガスの種類を使用しているか知りたい場合は、都市ガスを供給してもらっているガス会社に問い合わせると教えてもらうことができます。
プロパンガスとは、LPG(液化石油ガス)のことで、ガスボンベに充填されて各家庭に供給されます。詳しくは、プロパンガスとブタンガスを主成分とする炭素と水素の化合物で、石油を精製する過程や石油の採掘時の随伴ガスとして発生します。
プロパンガスは、ボンベの中で加圧されて液化した状態になっていて、小さな容器で大きなエネルギーを運べることが大きな特徴です。

05横浜市泉区から広域にわたってプロパンガスを供給

横浜市泉区から広域にわたり、プロパンガスをお届けいたします。
泉区は横浜市を構成している18行政区の一つで、市の南西部に位置しています。人口は2021年7月時点で約15万2千人となっています。
北側を阿久和川が東側に宇田川が流れていて、台地の辺縁には湧水が分布していて、地下水脈が豊富なことでも知られています。
西側には藤沢市と大和市が、北川は瀬谷区と旭区が、東側と南側は戸塚区と接しています。以前は戸塚区に属していて、そのため今でも戸塚との関りは深いです。
泉区は市内では最も農地面積が広く、農家人口も横浜では最多となっていて、農業が盛んに行われています。
持ち家や一戸建ての割合も市内では一番高く、住宅都市でもあります。
泉区には人気の観光スポットもたくさんあって、たとえば「神奈川県立境川遊水地公園」は、泉区と戸塚区と藤沢市の3つの自治体に跨がる神奈川県立の都市総合公園で、いろいろな植物や鳥や水辺に生息する生き物を思う存分観察できます。年間を通してバードウォッチングやクラフト教室などのイベントも開催されていて、野球場やテニスコートなどができる多目的グランドも整備されています。
その他にも歴史的情緒を感じられる建物も、泉区周辺に数多く点在しています。

06プロパンガスと都市ガスの料金には違いがあるの?

これまで都市ガスしか使用していなかった方が、引越しなどによりプロパンガスを使うことになったときに気になるのがガス代だと思います。
結論から言えば、プロパンガスと都市ガスの料金には大きな違いがあります。
プロパンガスと都市ガスの両方を使ったことがある方の多くは、プロパンガスが都市ガスよりも高いと思っているみたいですが、実は一概にそうだとは言えません。
それは、都市ガスは公共料金であることに対して、プロパンガスは自由料金だからです。正確にはそれは過去のことで、現在は都市ガスも公共料金ではありますが、ガスの小売全面自由化が実現し現在は自由料金となりました。

プロパンガスと都市ガスの料金には違いがあるの?

ただし、今でも一部の地域では規制料金が存在していて、そうでなくて長く料金が規制されてきたことから、ガス料金が安く抑えられているのが現実です。
話を戻すと、プロパンガスは以前から自由料金であったため、供給元が自由に価格を決定できます。つまり、供給元が都市ガスよりも料金を安く設定できるため、プロパンガス代の方が都市ガスよりも高いとは言い切ることはできません。
いずれにせよ、プロパンガスと都市ガスでは料金に違いがあることは事実で、一般的にはプロパンガスの方が料金は高めに設定されています。

07プロパンガスを解約するうえで気をつけるべき3つのポイント

01無償貸与は必ず無料ではない

プロパンガスを利用する際にはほとんどのケースで配管工事費用や給湯器などのガス器機代金をプロパンガス会社が負担しており、これを無償貸与と言います。
名前を聞くとお客さん側には負担が掛からない完全無料のことだと思ってしまいますが、実際には全くの無料ということではなく、15年間のリースになっている場合がほとんどです。
したがって、プロパンガスを利用してから15年を経過していない場合は注意が必要です。

02残存価格の支払いが発生することもある

プロパンガスを15年以上利用しない解約する場合は、残存価格の支払いが発生する可能性もあります。
消費者側はそのような契約をしていたことすら気づいていなかったという場合がほとんどなので、解約前には無償貸与や残存価格についての知識を入れておくことをおすすめします。

03残存価格は自分で支払った方が良い

料金などに不満を持ちプロパンガス会社を変更する方もたくさんいると思いますが、その際には新しいガス会社が残存価格を肩代わりすると言ってくることがあります。
ただし、実際にはその分をガス料金に上乗せされてしまうケースも多いため、残存価格は自分で支払うのがベストだと思います。
世の中にはそうそううまい話はないと思って行動した方が良いと思います。

08プロパンガスを供給してもらう業者はどうやって選べば良い?

プロパンガス業者は、都市ガスとは異なり消費者が自由に選ぶことができるようになっています。アパートやマンションなどの賃貸物件の場合は、オーナーや管理会社の許可がなければ自由に選ぶことはできませんが、持ち家の場合はどこの業者に依頼しても構いません。
プロパンガスを供給してもらう業者によって毎月かかるガス代が異なりますので、まずは地域のプロガンガス料の相場を調べて、ガス代を抑えたいなら相場よりも安く供給してもらえる業者に依頼しましょう。
ガス料金以外にも、業者によってサービス内容も異なるため、そこも業者選びの大事なポイントです。休日でも対応してもらえるとか、ガス機器も安く販売してもらえるかなどいろいろな違いがあります。
また、安全面で信頼できるかどうかもガス会社選びで重要なことなので、その点もしっかり確認してください。
基本的にガス会社は変更することも可能ですが、その際に違約金が発生するかも注意すべきポイントなので、契約する前に自分たちに不利になることがないかもチェックするようにしてください。
気になることは直接ガス会社に問い合わせて、どのような対応をしてくれるかも確認してみましょう。

09料金に関することでよくある相談

料金に関することでよくある相談

プロパンガスをはじめて利用する方から多く寄せられる相談は、料金に関することです。ほとんどの方はガス代に限らず水道光熱費を抑えたいと思っているため、最も関心があるのが料金というのは当然だと思います。
プロパンガス料金の決定方法に関しては、法律などによる規制はありません。プロパンガスは自由料金制となっていて、それを供給する側が勝手に料金を設定できるようになっています。
したがって、どこに依頼するかで料金が異なります。消費者の中にはガス料金が自由に決められているのを知らない人も多く、その理由には供給元が料金表を公開する義務がないことが挙げられます。
さらに、以前は請求書に明細を記載しなくては問題がありませんでした。料金に関する情報を公開しなくても良いということは、販売店同士での価格競争も起こりにくくするため、ガス料金の高止まりを招くことになります。
ガス料金を安くしたいのであれば、供給先を自分で選べばよく、横浜にもガスを供給している業者はたくさんあるので、できるだけ多くの業者に問い合わせて、料金を比較してみることをおすすめします。
気を付けなくてはいけないのは、最初は安い価格を提示してきて、すぐに値上げに踏み切る業者も少なくないということです。

10料金に関することで多く寄せられる3つの質問

質問 プロパンガス代は地域によって変わりますか?
回答 プロパンガスの価格は供給している業者が自由に決められるようになっているため、地域によっても相場は変わりますし、どこに依頼するかでも毎月の支払額がかなり変わることがあります。
さらに、ガス代は季節によっても変動するので、そのことも事前に覚えておくと良いでしょう。
ガス代が高いと思ったときには、他の業者に問い合わせて料金を比較してみることをおすすめします。
質問 都市ガスよりもプロパンガスの方が高いですか?
回答 一概には言えませんが、基本的には都市ガスよりもプロパンガスの方がガス代は多くかかる傾向にあります。
ただし、プロパンガスの供給をお願いする業者をどこにするかによってもガス代は変わってくるので、ガス代をできるだけ抑えたいなら、安易に業者を選ばないで、複数の業者を比較したうえで決定するようにしましょう。
質問 プロパンガスの1月あたりの料金はどのくらい?
回答 プロパンガス代は、使用の仕方や世帯数などによって変わりますし、どこの業者に依頼するかによっても異なります。
そのため、1月に掛かるガス代を言い切ることはできませんが、1人世帯と2人世帯ではそれほど大きな差がでない傾向にあります。
ただし、3人世帯になると、1,000円以上高くなり、4人世帯になるとさらに1,000円以上高くなるケースが多いです。

11業者選びの注意点とは

POINT プロパンガスをはじめて利用する方の中には、自由に取引先を決められないと思っている方も多く、そのため相場よりも料金が高い業者に依頼しているケースが多いです。
都市ガスとは異なり、横浜市内にはプロパンガスを供給している業者はたくさん存在しているので、すでにプロパンガスを利用している方でも、料金やサービスに対して不満や疑問があるという場合は、他の業者の情報を調べてみることをおすすめします。
プロパンガスの供給先は、インターネットで検索すれば簡単に見つけることができます。お住いの地域と「プロパンガス会社」などと入力して検索すれば、横浜市内であれば複数の業者名が表示されるはずです。
ただし、プロパンガス会社はWebサイト上に料金を公開していないケースがほとんどなので、ネットだけで料金を比較するのは難しいです。
サービス内容などを確認して、気になった会社に問い合わせても良いですが、周囲でプロパンガスを利用している知り合いから情報を得るのが、業者選びのおすすめの方法です。知人の生の声や情報は信憑性があり、良いプロパンガス会社と出会える可能性がアップします。
1社だけに絞って、他の業者の情報を集めないで契約してしまうことは危険なので、必ず複数社から料金やサービス情報を集めるようにしましょう。

12LPガスって何?

LPガスというのは、「Liquefied Petroleum Gas」を略した言葉であり、日本語では液化石油ガスのことで、気体燃料であるプロパンガスやブタンなどを液化したものを指します。つまり、プロパンガスはLPガスの1種です。
家庭用のLPガスには、プロパンが多く含まれていることから、家庭用LPガスや、単にプロパンガスと記載されるケースが多いです。ただし、工業用になると、LPガスはブタンの比率が多くなることから、反対にブタンガスと呼ばれる機会が多くなります。
LPガスと都市ガスは違うものなの?という疑問を持つ方も多いと思いますが、これらは成分にも配給方法にも明確な違いがあります。
都市ガスは、メタンを主成分としており、LNG(Liquefied Natural Gas)とも呼ばれています。都市ガスの原料のほとんどは海外から輸入されていて、家庭用のプロパンガスがガスボンベから供給されるのに対して、都市ガスは地中に張り巡らされた専用の配管を通して各家庭に送られています。
都市ガスと違い、LPガスには法律による価格の規制がないことから、販売店側が自由に料金を設定できるようになっています。配管工事の必要がないため、LPガスはどの地域でも使用することができます。

FAQ一覧

PageTop

株式会社コバプロ