神奈川県横浜市のプロパンガスなら<株式会社コバプロ>

株式会社コバプロ
  • Home
  • お問合せ
  • ガスご利用のお申込み
  • マイページログイン

横浜のプロパン【ポイントとFAQ】

私たちは横浜でプロパンガスや給湯機器を提供している企業です。私たちは長年ガスに関するサービスを提供してきた実績があります。単にプロパンガスの提供をするだけではなく、ガス漏れがあったときにはすぐに対応するなど、契約者のことを考えたサービスを提供しているのが特徴です。個人だけではなく法人との契約も行っています。

プロパン 横浜

たとえば、飲食店や医療施設、工場、福祉施設などに対してプロパンガスを提供した実績もあります。ガス給湯器期の取扱のほうにも力を入れています。プロパンガスを使っていて、さまざまなトラブルが起きることがあります。そのときには、すぐに対応して、問題を解決することが可能です。トラブルの原因を見つけて、素早く対処することができます。自社工事によって設置することができるため、技術面での心配はなく、アフターサービスもしっかりと行っています。事前の見積りについては無料で行っているため、費用が気になる人は気軽にご相談ください。さまざまなタイプの給湯機器を揃えています。長年の実績と信頼があり、横浜に密着したサービスを展開してきました。プロパンガスやガス給湯機器という生活に根ざしたものを責任を持って取り扱っているのが株式会社コバプロです。

01プロパンガスとは

プロパンガスといのは液化石油ガスのことで、プロパン・ブタンなどの天然ガスを圧縮したものを、常温で液化できる状態にしたガス燃料です。LPガスやLPGと呼ばれることもありますが、すべて同じ種類のガスです。
一般家庭で使用されている給湯器やコンロに主に使用されていますが、業務用のガス機器としての燃料の他にも、火力発電やタクシーの燃料などにもプロパンガスが使用されています。
よく比較される都市ガスとの大きな違いは、都市ガスがガス管を通して届けられるのに対して、プロパンガスはガスボンベで配送されます。都市ガスはその名の通りに東京などの都市部で普及率が高いのに対して、プロパンガスは青森や沖縄などの地方での普及率が高いのが特徴です。
プロパンガスはわざわざ配管を通す必要がないため、ガスを支給する事業所の配送エリア内なら、どこでも対応できる大きなメリットをもちます。
プロパンガスはガスボンベに収納されたガスを直接家庭の中に引き込みしていることから、自然災害が起きたときでもダメージを受けにくく、もし何かあってもすぐ供給を受けることができます。
一般的には50sのガスボンベが2本設置されているため、1本目に燃料がなくなっても引き続きガスの使用を継続することができます。

02初めてプロパンガスを使用される方へ供給方法を紹介

プロパンガスが消費者に届けられる流れは都市ガスとは異なります。
一般家庭で使用されるイメージが強いプロパンガスは、鉄鋼業などの製造業者、自動車、電力用など他にもいろいろな場所で使われており、工場をはじめとした多くの場所へ運ばれています。
プロパンガスの原料は、都市ガスと同じくほとんどが輸入に頼られています。都市ガスの場合は輸入された後で液化天然ガスタンクに貯蔵され、そこから高圧導管、中圧導管、低圧導管と各変圧器を経てから消費者の元へ供給されます。
プロパンガスはそれとは異なり、一旦LPガスタンクに移され、その後にタンクローリーによって充填所に運ばれ、LPガス容器へと小分け充填してから消費者へと届けられる流れとなっています。
プロパンガスが一般家庭へ供給されるときには、LPガス容器に詰め替えられたLPガスをガス会社などのトラックで各家庭へ配送されます。
プロパンガスの製造から消費者へ供給される間には、元売業者と卸売業者と小売業者の3つが入っていて、元売業者がプロパンガスの輸入を行っていますが、石油会社や商社がそれに当たります。
各家庭にプロパンガスを届けているのが小売業者で、2021年現在でその数は全国に約2万社となっています。

初めてプロパンガスを使用される方へ供給方法を紹介

03都市ガスからプロパンガスに変更するときの3つのお悩み

1.プロパンガスは危険じゃないの?
引越しなどでどうしてもプロパンガスを利用しなければいけない方もたくさんいて、都市ガスと比較したときの危険性を心配する方も少なくないようです。
ガスを使用するので都市ガスも含めて危険が全くないわけではありませんが、都市ガスと比較してガス事故の軒数が多いわけではなく、正しい使用していれば問題はありません。

2.プロパンガスに関する事故の種類は
プロパンガスに関わる事故は、都市ガス同様に毎年いくつか確認されていますが、その原因のほとんどは、室内で使用するガスコンロやガスファンヒーターなどに由来しています。
家の外に設置されているガスボンベからガスが漏れたという事例はほとんどなく、ガス屋さんから使用しないように注意されていたガス器具を用いて事故になるケースが多いようです。

3.ガスを使用するうえでの注意点
プロパンガスを使用するときには、換気が重要です。
換気をしっかり行わないと一酸化中毒になる可能性もあるため、料理をするときには必ず換気扇を使用して、ガス器具を使用する場合は不完全燃焼を避けるために定期的に窓を開けるなどして換気を行ってください。

04都市ガスとプロパンガスの種類について

プロパン 横浜

ガスにもいろいろな種類がありますが、一般家庭で使用されているガスと言えば都市ガスとプロパンガスです。
どちらのガスを使用するかによって対応するガス器具も異なるため、ガスの種類を変える場合は、新しいガス器具に交換しなくてはいけません。都市ガスは、製造所などで作られたガスを、導管により各家庭へ届けていますが、製造方法や原料の違いによって7つのガスグループに分類されています。ほとんどの家庭では、主成分がメタンの天然ガスか液化天然ガスを原料として製造される13A、12A と呼ばれる種類のガスを使用しています。
どのようなガスの種類を使用しているか知りたい場合は、都市ガスを供給してもらっているガス会社に問い合わせると教えてもらうことができます。
プロパンガスとは、LPG(液化石油ガス)のことで、ガスボンベに充填されて各家庭に供給されます。詳しくは、プロパンガスとブタンガスを主成分とする炭素と水素の化合物で、石油を精製する過程や石油の採掘時の随伴ガスとして発生します。
プロパンガスは、ボンベの中で加圧されて液化した状態になっていて、小さな容器で大きなエネルギーを運べることが大きな特徴です。

05横浜市泉区から広域にわたってプロパンガスを供給

横浜市泉区から広域にわたり、プロパンガスをお届けいたします。
泉区は横浜市を構成している18行政区の一つで、市の南西部に位置しています。人口は2021年7月時点で約15万2千人となっています。
北側を阿久和川が東側に宇田川が流れていて、台地の辺縁には湧水が分布していて、地下水脈が豊富なことでも知られています。
西側には藤沢市と大和市が、北川は瀬谷区と旭区が、東側と南側は戸塚区と接しています。以前は戸塚区に属していて、そのため今でも戸塚との関りは深いです。
泉区は市内では最も農地面積が広く、農家人口も横浜では最多となっていて、農業が盛んに行われています。
持ち家や一戸建ての割合も市内では一番高く、住宅都市でもあります。
泉区には人気の観光スポットもたくさんあって、たとえば「神奈川県立境川遊水地公園」は、泉区と戸塚区と藤沢市の3つの自治体に跨がる神奈川県立の都市総合公園で、いろいろな植物や鳥や水辺に生息する生き物を思う存分観察できます。年間を通してバードウォッチングやクラフト教室などのイベントも開催されていて、野球場やテニスコートなどができる多目的グランドも整備されています。
その他にも歴史的情緒を感じられる建物も、泉区周辺に数多く点在しています。

FAQ一覧

PageTop

株式会社コバプロ