神奈川県横浜市のプロパンガスなら<株式会社コバプロ>

株式会社コバプロ
  • Home
  • お問合せ
  • ガスご利用のお申込み
  • マイページログイン

FAQ

Q

都市ガスとプロパンガスは何が違うの?

質問 家庭で使用するガスに都市ガスとプロパンガスがあることは承知していますが、両者の具体的な違いは何なのでしょうか?
これまで気にしたことがありませんでしたが、今地元である神奈川県内でマイホームを建てるために土地探しを行っていて、一生に一度のことになると思うので後悔しないように家に関することを徹底的に調べているところです。
その中でガスに対する疑問も出てきたので、素人でも分かりやすいご説明をお願いします。

矢印

A

原料や供給方法など異なる点はいろいろあります

都市ガスとプロパンガスの違いが気になっている方も大勢いると思います。
まず、都市ガスとプロパンガスには原料の違いがあります。都市ガスはメタンを主とした液化天然ガスが使用されているのに対して、プロパンガスにはプロパンやブタンを主成分として液化石油ガスが使用されています。
プロパンガスはよくLPGと表記されますが、それは液体石油ガスのことです。
都市ガスは空気よりも軽く、プロパンガスは空気よりも思い点も両者の違いです。この性質から都市ガスがガス漏れした際には窓を開けることでガスを外に逃がしやすいですが、プロパンガスの場合は床面に溜まりやすいため、窓を開けただけでは外に出にくく、ほうきなどを利用して掃いて外に出さなくてはいけません。
ご存知の方も多いと思いますが、都市ガスは地下に埋められた菅により供給されていますが、プロパンガスは家庭などの供給先にガスボンベを配置してそこからガスを供給しています。そのため、プロパンガスを利用する場合は定期的なボンベの交換が必要になります。
都市ガスとプロパンガスの使用料金の違いが気になる方が多いと思いますが、現在は都市ガスの自由化が実施され、消費者がガス会社を選べるようになりましたが、以前は価格が決められていました。
プロパンガスの場合は、ガスを供給する会社が前から自由に価格を決められるようになっていました。
ガス料金は供給先や地域によって差がありますが、いずれの場合も基本料金にプラスして、利用した分のガス代を支払うシステムになっています。
都市ガスの方が価格は抑えられている傾向にあり、リーズナブルにガスを利用できるようになっています。しかし、都市ガスを利用するために地下にガス管が通っていなければいけないため、自由にガスの種類を選択できるわけではありません。

PageTop

株式会社コバプロ